2017年03月16日

03/16:催眠CG集製作近状

確定申告も無事終了して、庭の花木の植え替えもようやく終わって
気がついたら前回から一月経過していたので近状報告のほうをさせて頂きますね。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

現在作成中のCG集は、基本絵15枚程を予定しています。
現時点で下書きが出来ている絵が11枚(+健全絵1枚)

下書きだけ公開するのも味気がないので、そのうちの何枚かを着色したものを一部公開してみます。

20170316genkou_01.jpg
これは顔のアップの絵で、催眠シーンや会話の演出上立ち絵と混ぜて使う絵(健全絵)です。
フェラのあと口内に精液が〜みたいな差分もあります。

20170316genkou_02.jpg
催眠を掛けられた最初のシーンの上半身部分です。ワキ見せ差分。汗臭そうなワキはいいものですよね。

他にもあと2枚、人物とおおまかな差分が着色完了済みになってます。

背景はまだ手をつけていません。
今作の主な舞台は生徒指導室と宿直室の2箇所になる予定なので
その2つの背景は自分で描こうと思ってます。
(一部登場する校舎裏や廊下はさすがに素材使わせて頂くことになるかと)

前回立ち絵が完成してからは、黙々と下書きを描いていました。
時間停止2の時は、全体の展開を決めないまま描きたいシーンから描いていたので
1枚ずつ、下絵 ⇒ 線画 ⇒ 着色 ⇒ 文字入れ ⇒ 完成 …の流れで進めていたのですが
これだと1枚仕上げた後に次のシーンに取り掛かろうとしても
さあ何を描こう…という状態で停滞することが多々ありまして。
最初から何を描くか決めて、下書きもある程度書き溜めておくほうが効率いいかなと思いまして。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

おおまかな話の展開は決定しているので、描く予定のシーンを箇条書きしてみます。

【※】どんなシチュエーションがあるのかは完成後の楽しみに取っておきたいという場合は
   見ないようにしておいて頂けると幸いです。
【※】また没や予定変更で変更される可能性もあります。ご了承下さい。


-------------------------------------------------------------------------------------------------

 ■ 全裸公開オナニー(イク直前で寸止め繰り返し) 【大虎(メイン)】
 ■ 自分の手でケツの穴くぱぁさせる(射精無し) 【大虎(メイン)】
 ■ 口移しザーメンキス 【柊平(主人公)×大虎(メイン)】
 ■ 主人公のチンポをフェラさせる 【柊平(主人公)×大虎(メイン)】
 ■ ノンストップ強制オナニー(連続射精&潮吹き) 【大虎(メイン)】
 □ 友達に見られながら野外露出公開オナニー 【大虎(メイン)+紘武&准太(サブ)】
 ■ 友達のチンポ二本を交互にフェラさせる 【紘武&准太(サブ)×大虎(メイン)】
 □ 催眠中にセックス⇒イク瞬間催眠解除 【紘武&准太(サブ)】
 ■ 並べて固定した2人に順番にチンポ挿入&中出し 【柊平(主人公)×紘武&准太(サブ)】
 ■ 三人同時奉仕ハーレム(竿&玉袋&アナル) 【柊平(主人公)×大虎(メイン)&紘武&准太(サブ)】
 □ チンポが小さい順に挿入&中出し三連続 【紘武(サブ)&准太(サブ)&柊平(主人公)×大虎(メイン)】
 ■ ケツで主人公をイカせるまで腰を振り続けさせる 【柊平(主人公)×大虎(メイン)】
 □ 身体に落書き&黄ばんだ下着を頭に被らせて野外露出 【紘武&准太(サブ)】
 ■ 催眠最終日のセックス(ここだけ詳細は完成後に) 【柊平(主人公)×大虎(メイン)】

・【】内の名前がそのシーンに出てくるキャラ。キャラ詳細は前回参照。
… 確定(下書完成済み) / … 未確定(下書未完成)

-------------------------------------------------------------------------------------------------

…こんな感じのシチュエーションがある予定です。
一部シーンは別構図(基本絵が+1枚)があります。

基本はメインキャラの大虎が対象のシーンを中心に展開するのですが
サブキャラ2人(特に褐色肌短小包茎ヤンキーの紘武)の反響が良かったので
サブキャラが対象になるシーンも3つ描くことにしました。
あとは大虎との絡みで、竿役や観客として登場するシーンが3シーン。
それから、どうせなら一気に3人まとめてのハーレムっぽいシーンも欲しくなったので
3人同時に奉仕させるシーンも描きました。
最初サブ2人は竿役で2シーンのみ、受シーンなしの予定が随分と出番増量になりました。

あとは催眠と関係ないのですが、主人公単独の見せ場が0なので
主人公のオナニーシーンなんかもどこかに入れたいところです。
毛むくじゃらの尻の穴丸出しでズル剥け巨根扱いてるみたいな感じのを。

現時点の内容をプレイ別にカウントしてみたら
 ・ オナニー ……… 3枚
 ・ フェラチオ …… 3枚
 ・ セックス …… 5枚
 ・ その他 ……… 3枚

…という感じになってるようでした。
なにかあともう1枚くらい、オナニー・フェラ・セックス以外であってもいいかも…?
エロそうなのを思いついたら追加または入れ替えるかもしれません。


…それにしても
なんだか当初想定していた予定より長くなりそうな予感が既にしています…。
時間停止2の時も、最初「基本絵12枚」って言ってたのが「基本絵15枚↑」になって
最終的に「基本絵20枚/差分700枚↑」なんてことになったので、自分の予定があまり信用出来ません。
posted by 二瀬ひかる at 23:44| Comment(9) | TrackBack(0) | 同人情報(女性向)
この記事へのコメント
お疲れ様です。
詳細だけでも興奮物で、さらに期待が高まりました笑
どの内容が〜を書くと読んでない方に申し訳ないので割愛しますが……
下から2番、4番、5番目が特に好みで楽しみです!笑
引き続き二瀬さんのペースで頑張ってください!
Posted by ノカ at 2017年03月17日 01:01
すごいです! 腋臭が直接担当し、なるような心持です。
お手洗いで密かにいう状況もいいでしょうか。
後ろから脇に品物を入れて閉じさせてオナホールになることも恥くれる となります。
いつも消息あるてありがとうございます。
Posted by para at 2017年03月17日 09:51
 ■ ノカさん

ありがとうございます。期待して頂けた分しっかり頑張りたいです!
下から2番目と4番目はまだ構図に迷ってるのですが
こういうシチュは個人的にも好きなので、必ず描いて仕上げたいです。
この先予定リストと細かいところが変わる可能性はありますが
やりたいことをいっぱい詰め込んでいきたいと思います。
Posted by 二瀬ひかる at 2017年03月23日 21:29
 ■ paraさん

臭いや熱気の表現には気合を入れているので
腋臭が直接伝わるぐらいに見えるなら嬉しいです!
トイレもですが、腋オナホールというのもいいですね。
そういえば腋を使うシーンまだなかったので考えてみます。
スローペースな進行情報ですが、楽しみにして頂ければ嬉しいです。
Posted by 二瀬ひかる at 2017年03月23日 21:53
お仕事お疲れ様です。
お久しぶりです。
最近仕事が立て込んでて、家に帰ってもパソコンを起動してなかったのですが、今さっき未読の記事を含めて読ませて頂きました。
新作の完成がちょっとずつ見えてきたのですね。
発売が楽しみです。
頑張ってください。
Posted by ゆかり at 2017年03月24日 21:41
 ■ ゆかりさん

おひさしぶりです。1〜3月は仕事の立て込む時期なので大変ですよね。
無理はなさらないよう体にお気をつけ下さい。
過去記事のほうも見て下さってありがとうございます。
新作のほうはやっとある程度形になってきました。
完成はまだ先ですが、地道にコツコツ進めていきたいです。
また楽しんで貰えるものを作れるように頑張りますね。
Posted by 二瀬ひかる at 2017年03月26日 09:01
はじめまして!はじめてコメントさせていただきました。毎回二瀬さんの作品を読ませてもらっています!臭いフェチ要素満載の漫画はとても好きです!お尻の臭いとかもたまにはいれて欲しいです!楽しみにしています!
Posted by ゆう at 2017年04月15日 20:29
 ■ ゆうさん

初めての書き込みありがとうございます。
いつも読んで頂けてありがたいです!
臭いフェチ要素、いつも趣味全開で描いておりますが
好きと言って頂けて嬉しいです。
お尻、丁度今回尻に顔を埋めるシーンやアナル舐めがあるので
その際に臭いも嗅がせてみるのもいいですね。
Posted by 二瀬ひかる at 2017年04月16日 00:59
初めまして。土浦紘武の大きさは小さい方ですが、次回は玉竿ともに一回りや二回り小さいのもお願い致します。自分のがそうなので。まぁ、需要があるかどうかわかりませんが。。
Posted by ひろきん at 2017年06月02日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179115794

この記事へのトラックバック